ABOUT US


SHOP DATA

RELAX


RELAX 外観RELAX内観

〒943-0832

新潟県上越市本町4−2−27−2F

TEL. 025-526-1741

営業時間

11:00〜19:00

定休日

毎週火曜定休

RELAX Evolution


RELAX Evolution内観1RELAX Evolution内観2

〒943-0832

新潟県上越市本町4−2−27−1F

TEL. 025-522-6986

営業時間

11:00〜19:30

定休日

毎週月曜定休

BRAND

取り扱いブランドPROFILE

RELAX

  • CALEE ( http://calee.net/home.html )
    2004年ブランド発足に伴いCALIFORNIAの別名でもあるCALYを名前の由来とするCALEEをスタート。アメリカンカジュアルを機軸とし、名前の由来から来るアメリカ西海岸をウェアのスパイスに加え、漠然とした"かっこいいアメリカ"がキャリーの世界観。ブランド名とは別にSO VAIN DAMN SO HOT (無駄な事だが格好が良い)をサブタイトルに掲げ、男臭いイメージをブランドコンセプトとしている。
  • CRIMIE ( http://www.crimie.com/ )
    " CRIMIE " とは「悪い仲間」という古くからのスラング。「過去から未来へ、ブランドを手にとる様々な人達すべてが大切な存在である」という意味合いを込め、2002年ブランドがスタート。キャッチコピーに" FAITH & TRUST " を掲げ、様々なカルチャーをベースとしたクリエイションを、信念を込めて作り上げている。 ストリートをはじめ、ワーカークラスからハイクラスと色気を纏った大人なファッショニスタを演出し続ける。アパレルに留まらず、着る人のライフスタイルに合わせた小物類の充実さもCRIMIEを語る上では欠かせない。
  • TOYPLANE ( http://toyplane.us/ )
    L.A./ SO CAL発の大人の"リアルアメリカンカジュアル"TOYPLANE"(トイプレーン)。車の修理工や飛行機のパイロット、VINTAGEバイヤーという経歴を持ち、アメリカのファクトリーを知り尽くしたデザイナーが着心地やディティールに徹底的にこだわり作り上げるアイテムは、TOYPLANEならではのセンスで「アメリカ」を余す事なく体現しているリアルなアメリカンカジュアル。アメリカ人ですら忘れてしまった大人が着れるアメリカンスタイルを伝える。
  • STUSSY ( http://stussy.jp/ )
    1980年、ショーン・ステューシーが南カリフォルニアにて立ち上げたブランド。斬新なフォルムのサーフボードに独創的なアートワークをデザインしたSTUSSYは、そのグラフィックをTシャツにプリントすることでアパレルをスタート。サーフカルチャーから生まれたブランドにもかかわらず、80年代半ばにはニューヨーク及びロンドンのDJやミュージシャンたちの間で話題となり、徐々にローカルからグローバルへ、ビーチからストリートへ進出したステューシーはリアルクローズという概念を構築する。 現在、名実共に世界で最も著名なリアルクローズのレーベルへと成長を遂げたSTUSSYは、グラフィックアーティストの個展やミュージシャンのライブツアーサポートに積極的に取り組むことでリーディングブランドとしての責任を担う。
  • VICTIM ( http://www.vtm.jp/ )
    VICTIMとは“FASHON VICTIM”、直訳では”流行の犠牲者”という意味になるが、ここでは”ファッションに没頭する”という意味合いを持たせており、”追求=VICTIM”をブランドコンセプトとしている。着心地と形の良いもの、そしてデザインをなるべく省いたもの、それこそが長く着ていける洋服=VICTIMのウェアとしている。
  • DICKIES ( http://dickies-jp.com/ )
    1918年、アメリカ合衆国テキサス州で生まれたワークカジュアルブランド。
    プロフェッショナルなワーカーのための衣料を提供する、これがディッキーズの一貫したテーマである。オーセンティックなスタイルと優れた機能性の両立。ワークウエアーへのニーズを製品に投影する努力は、現在にも受け継がれている。
  • ART BROWN
    1974年の創業以来、世界中から良質のレザーを集めできる限りハンドメイドによる、少量生産にこだわる創業約30年の職人ブランド。
    イタリア、フランス、イギリス、ベルギーなど、世界各国において昔からのタンニンを使用した伝統的な、なめし技術、染色技術をもつタンナーの革を輸入し、その革の持ち味にあう製品をリリースしている。
    特にART BROWNの真骨頂である、UKサドルレザーは、この品質ではありえない低価格でコストパフォーマンスにも優れている逸品。馬の鞍などの馬具に使われていたサドルレザーは特徴としては強靭で伸びが少なく形成に適している。ART BROWNのUKサドルレザーは、なめしの過程で多くの油を与え、新品の状態でもしっとりとした手触りで、さらに持ち主が使い込むほどに光沢が増し色み,艶感など自分だけのオリジナルに仕上げていく事ができる。
  • ETC...

ページのTOPへ戻る


RELAX EVOLUTION

  • WACKO MARIA ( http://www.wackomaria.co.jp/ )
    元Jリーガーの森 敦彦氏が立ち上げたブランド。デザイナーが嗜好するラテンカルチャー、オールドジャマイカンミュージック、ピンプカルチャーなどをモチーフに、ルーディーで男っぽい大人の着れる服作りを行っている。 M-65やM-51モッズコートなどのミリタリーをモチーフにするカジュアルラインと テーラードジャケット、スーツ、シャツ、ハットなどをラインナップするドレスラインを展開、ドレスラインではイタリア、イギリスなど海外のファブリックブランドの上質な素材を用いて展開している。 また,そういったファッションを着て楽しめる”場”の企画にも余念なく、不定期にGUILTY PARTIES SOUND INC. KILLER TUNES BROADCAST -TOKYO HAT ROCKERS-と名付けられたパーティーを主宰。
    2012年、8月4日に東京・六本木にある世界最大級のテキーラバー、AGAVEにて開催されたVOL.1ではDJにUKからTHE TROJANSのリーダー、GAZ MAYALLが来日、国内からブランドアイコンでもあるTOKYO No.1 SOUL SET、ZOOT16の渡辺俊美氏、EGO-WRAPPIN'(エゴラッピン)の森雅樹氏、モデルの渋川清彦氏らによるスペシャルバンドユニットによるライブも披露された。ブランド名のWACKOMARIAとはラテン語で「へんてこマリア」の意味。
  • BEDWIN & THE HERTBREAKERS( http://www.bedwintokyo.com )
    世界中の遊牧民の様に旅しながら触れてきた様々なカルチャーやスタイル。 メジャーとインディ、フォーマルにストリート、民族衣装にスリーピース。シンプルなアメリカントラッドをベースに、触れてきたもの達のディテイルを加え再構築しながら、クリーンな中に独特の着崩しで不良性を表現するベドウィン。毎シーズンのコレクションはそうして生まれたベドウィンのベーシックな世界観に、架空のバックバンド”ハートブレイカーズ”が自分達が聴き、影響を受けてきたアルバムや曲をシーズンテーマとしてそのエッセンスを”鳴らす”ことで生み出されている。
  • COOTIE ( http://www.cootie-jp.com/ )
    2000年に設立。アメリカンカジュアルの持つ土臭さをベースにホットロッド、ロウブロウ・アートやレリージョンカルチャーを落とし込み、COOTIE的哲学でアイテムを表現する。COOTIEとは、「世間知らずの若者が地位や名誉を求め、それを得る為に向上する」という意味を持つ。
    ドラゴンアッシュのkjこと降谷建志氏が愛用していることでも知られており、過去にはドラゴンアッシュのオフィシャルアイテムなどもリリースしている。品質の高さにも定評があり、所謂アメカジブランドの中でも流行に流されない普遍的な独自の方向性で、クラッシックかつ現代に向けた新しいスタイルを提案するブランド。
  • CHALLENGER ( http://www.challengerworks.com/ )
    プロスケーターであり、ファッション誌のモデル、また、TRIUMPH、6T BLACKBIRD乗りとしても知られるデザイナー田口 悟 氏の世界観が詰め込まれたブランド。「アメリカンガレージ」をコンセプトに、ホットロッド、バイク、スケーターといったストリートのシーンを投影したアイテムがラインナップされる。
    CHALLENGERは デザイナーと幼なじみでもあるTOKIOの長瀬智也氏が愛用する事でも知られています。
  • CAPTAINS HELM ( http://www.captainshelm.jp/ )
    カリフォルニア・スタイルを体現するロングボーダー、ミッチ・アブシャー、彼が提案する今の西海岸テイストが存分に詰まったセレクトショップが2010年、オーシャンサイドにオープンしたキャプテンズ・ヘルムです。 サーフボードやフィンなどだけでなく、古着やバイクカルチャーのグッズまでをカバーするカリフォルニアのアウトロー・カルチャーともいうべきショップは、ローカルサーファーだけでなく、スケーター、バイカーまで、ツウなセレクトで広い支持を得ています。 2011年には2店舗目がコスタメサにオープン。さらに3店舗目に新たなカルチャーの発信地となるCaptains Helm Tokyoが東京・世田谷にオープン。このオリジナルウェアラインがブランド"CAPTAINS HELM"となります。カリフォルニアと東京スタイルのミックスをテーマに独自のスタイルを提案しています。
  • ROUGH and RUGGED ( http://roughandrugged.jp/ )
    CAPTAINS HELM TOKYOのディレクションも務めるENOSHI氏が手掛けるブランド。 サーフィン、モーターカルチャー、ミリタリー...をバックボーンに持ち、サーファーでありながら、無類のバイク好きでもあるENOSHI氏のフィルターを通して作られるアパレルラインは、ジャンルを超えて展開されるストリートブランド。built for speedを合い言葉に掲げ一切の妥協のないタフで男らしいアイテムが揃う。不定期にリリースされる交遊の深いNEIGHBORHOOD、CHALLNEGER...とのWネームも人気。
  • ROTTWEILER ( http://rottweiler-tailor.com/ )
    2005年にスタイリスト、宮島尊弘氏が創立したアパレルブランド。宮島氏、自らの価値観を表現できるデイリーウェアをコンセプトに サーフ、スケート、ROCK、古着などのカルチャーをベースとした服作りをしている。 ウェア全体が比較的細めのラインであり、また、ハット、テーラードジャケットなど,大人に向けてもアピールできるアイテムも揃う。
    交遊のあるCOOTIE同様、ドラゴンアッシュのバンド初期から宮島氏がスタイリングを手掛けている事もあり、ROTTWEILERもkjこと降谷建志氏が愛用していることでも知られている。
  • NEIGHBORHOOD ( http://www.neighborhood.jp/ )
    「モーターサイクル、ミリタリー、アウトドア、トラッド等の要素を独自の解釈で消化したベーシックな服作り、またそのライフスタイルの提案」をコンセプトにプロダクト。
    毎シーズンアップデイトされるダメージ加工が施されているデニム類、モーターサイクルの匂いを多分に感じさせるレザージャケット、アイウェアやインテリア、バイクグッズ等豊富なバリエーションを誇る小物類。これらはネイバーフッドを象徴するアイテムとなっている。
  • SVG ARCHIVES BY NEIGHBORHOOD ( http://www.neighborhood.jp/ )
    モーターサイクルや、その周辺のカウンターカルチャーを、より強く反映させたNEIGHBORHOODのセカンドライン。バイクのタンクのデザインペイントを行う個人プロジェクト、JURASSIC PAINTのウェアラインも展開している。
  • LUKER BY NEIGHBORHOOD ( http://www.luker.jp/ )
    ”消費されてしまうのみのファッションではなく、ファッションを中心としたライフスタイルをサポートしたい”という、NEIGHBORHOODブランドの思いを、新しいマーケットに向けて発信する『LUKER BY NEIGHBORHOOD』。
    ミリタリー、ワークを中心に構成、より洗練されたシルエットとサイジングが特徴のブランド。
    アイテムラインナップやグラフィックデザイン等のイメージはイギリスからの影響が大きく、最近ではMODS,PUNK,NEW WAVE...70'S〜80'SのUKカルチャーをLUKER的再構築でデザインに取り入れている。
  • WTAPS ( http://www.wtaps.com/ )
    ミリタリーをベースとしたアイテムにその焦点を絞り、統一感とバランスを意識した、よりソリッドな服作りを目指す。近年ではミリタリーやアウトドア等、従来の要素にトラッドやアイビー等のテイストを加えたコレクションを発表し、新たな側面も見せる。
  • fyah custom leathers ( http://www.fyah.jp/ )
    NEIGHBORHOODなど数々のブランドのベルト、ウオレット、アクセサリーのレザーワークやスタッズワークなどを古くから手がけている職人、三上氏の立ち上げたブランド、fyah custom leathers。様々な加工を駆使した革小物やレザーアイテムを完全受注生産で1点1点、作り込む技術は国内、トップクラスの品質。特に腕時計をクロコダイルレザーでカスタムしたリストバンドはfyah custom leathersのブランドアイコンにもなっている。こちらのWATCH BELTはSHOPでストックしている在庫もございますが、基本的に受注生産につきオーダーからお時間を頂く場合がございます。ご希望がありましたらお気軽にお問い合わせください。
  • VIBERG
    VIBERGは1931年創業のカナダ ビクトリアのブーツメーカー。2代目社長がWHITE'S BOOTSで修行し、そのノウハウを自社に注ぎ込むことでVIBERG独自のオリジナルブーツを作りあげノースアメリカを代表するブーツメーカーとして不動の地位を築き上げました。 現在でも、創業以来変わらぬものづくりの姿勢で、最高品質のブーツを提供し続けています。熟練の職人が少数精鋭で、ハンドメイドにて製作するため一日最大30足の生産しか行わない生粋の職人気質のブーツメーカーです。 過去にはNEIGHBORHOODやCHALLENGERもVIBERGに依頼し別注モデルを製作するなど、その品質は折り紙つきです。当店ではお客様から頂いていた数々のリクエストを形にした別注でカスタムモデルを中心に製作販売致しております。
  • KUUMBA INTERNATIONAL
    東京を拠点として、1993年に創業した日本発のお香ブランド「Kuumba International」(クンバインターナショナル)。職人による完全ハンドメイドのクンバのお香は 天然のオイルを調合、香りをデザインしながら日本の工房で手作業で作られている。オイルだけでは無くアロマの原料なども配合されているので、その香りによる癒しの効果は計り知れず、今までのインセンスが実現できなかった透明感のある心地よい香りを実現させた。クンバのお香は石炭を使わないので、人的に害が少ないというのも特筆すべき点です。
  • ETC...

ページのTOPへ戻る



ページのTOPへ戻る